ハリマくんの家

新築に2度失敗した共働き夫婦が子育てしやすく現実的なローコスト注文住宅を建ててからの役に立つかもしれない話

【保険】iPadの修理は家財保険の対象になるのか!?

こんにちはハリマくんです。

今回は「iPadの修理に家財保険を使った」話です。同じような状況で青ざめている人には役に立つと思います。

まず概要と結論

・子供が踏んでバリバリに画面の割れたiPadを発見し怒りに震える。

・保険会社に連絡、保険対象になることを確認して必要書類を提出。

・審査の結果、新品iPadの購入費用約5万円が振り込まれる。

メリット&デメリット

・メリットは旧型iPadが自己負担額3.000円で最新モデルに買い替えることができる事。

・保険を使うことでのデメリットはなし。修理見積書を発行してくれるお店を探して持ち込まなければならないのが少し億劫ですが、自腹でも必要なことなので仕方ありません。何よりバックアップされてないデータが失われたことの方が辛い。

それでは詳しく解説していきます。

f:id:harimakun:20220804214348j:image

■バリバリに画面の割れたiPadを発見する

「あれ〜、iPadこのへん置いてなかったっけ〜?」とよくある感じで小上がりに散らかっている服をめくるとバキバキに割れたiPadを発見。落として割れた感じじゃない。画面が陥没しているので踏み込んで割れた感じ。子供に聞いても「知らないの一点張り」。そりゃそうなるやろーけども、絶対踏んだに違いない。

さてどうしたものか。10年近く使っていたこのiPad、修理してもらえるのか?てか、最新OSに更新も出来ない機種に修理をする価値があるのか?だからといってiPad無しの生活も不便、新しいiPadをポンっと買うほど余裕もない。どうするの?どうしてくれるの?

■もしかして家財保険が使えるんじゃない?

奥様から「家財保険が使えるんじゃない?」と提案が。物の価値って基本年数が経過するほど低くなります。身近なところで車の保険は今の車の価値が20万円なら修理代が50万円必要でも、保険金は20万円しか出してもらえません。(いわゆる全損扱い)と、考えると10年落ちのiPadにつく金額ってかなり低いんじゃないの?と思いますが…。

とにかく一度電話して確認してみます。

■保険会社に確認、iPadは保険対象になります!

保険証券に記載されている連絡先に電話します。「保険の対象になるか確認したいんですが… 」と話すといつどこで何がどうなったのか確認され「対象になるか確認して担当のものから折り返します。」となりました。話の中でテレビやドアなどと違って外に持ち出せるタブレットだったからか「家の中での事故でしょうか?」という確認がありました。 外に持ち出した状況での事故の場合は対象から外れるのかもしれません。私の場合は発見した時には割れていたので割れた原因は分かりませんが、「多分子供が踏んだんじゃないかと思う」という話もしました。

■担当者からの案内に従い必要書類を揃える

数時間後、担当者から連絡がありました。申請書と破損したiPadの写真、修理見積書(修理ができない場合は修理不可の記載が確認できる修理見積書と同等品の見積書)の提出をお願いしますとの事。この手続きはwebと郵送が選べます。私はこの申請ページがどこにあるのかわからなかったので今回郵送での申請をしました。

申請書は保険証券の名義人の名前や破損した物の商品名や購入年月、金額などを記入します。

破損したiPadの写真は全体と破損部分、裏面も型番が確認できように写真を撮ります。

修理見積もりはアップルの正規店、量販店、個人店などどこでもOKだそうです。私は今回カメラのキタムラさんで見積もりをお願いしました。カメラのキタムラはApple正規サービスプロバイダです。「保険会社に修理見積書を提出しないといけないので、修理見積もりをしてもらえますか?」「修理不可なら修理不可能と書かれた見積書が欲しいです」と伝えました。15分ほどで見積書の作成が終了。「修理内容としては本体の交換が必要になりますが、すでに部品の供給が終了しているため修理することができません」との回答です。

丁寧に対応していただいたので、せっかくなら次iPadを買うならここでお世話になろうかと思い、「新品の見積もりもお願いできますか?」と聞いたら「こちらで販売はしていません」とのことでした。意外です、「修理代こんなにかかるなら新品買おう」とかいう人いそうですが修理専門だそうです。

この修理見積もりが1番手間を感じた部分です。自宅から少し遠くてもApple修理対応可能なカメラのキタムラがあるならそちらをお勧めします。ネットで近くの修理屋を検索しましたが、iPhoneの修理はしていてもiPadは対応不可だったり、量販店だとお預かりして(どこかに送って)後日連絡になりそうな感じであまりいいお店が見つかりませんでした。基本即日で待ってる間にやってもらえるところがいいです。

追加で必要になった同等の代替え品の見積書ですが、iPadの代わりにAndroidタブレットでは困るので最新のiPadしか選択肢がなく「同等」という言葉は無視しました。10年前のモデルと同等の新品なんて販売されてないので1番安いモデルのiPadを選択しました。Appleの公式サイトでは個人向けに見積書の発行はしておらず、ビックカメラのサイトでカートに入れた商品の見積書を発行する機能を使って準備しました。※金額が公式サイトと同じだったため。

全ての書類を入れて郵送します。

■保険会社から承認の電話

ポスト投函から3日後に保険会社から電話があり、保険会社の査定金額が伝えられます。自己負担金額の3千円を差し引いた額に、お見舞い金を10%上乗せした金額「51.480円」を口座にお振込します、との結果でした。

新品iPadが49,800円税込から3,000円を引いた46,800円に10%をプラスして51,480円という計算ではないかと思います。

ちゃんと新品iPadが購入できる金額が出て良かったです。振り込みは翌々日には確認できました。対応が早くて助かります。

f:id:harimakun:20220805124547j:image

■今回家財保険を使ってみて

新築すると火災保険と家財保険に加入するので使えるものには使わないと損に感じます。ウチの場合金額的に保険かけ過ぎた感じがするので尚更です。参考までにハリマくんの家の家財保険は700万円です。なんでこの金額にしたんだっけかなぁ?ネットの情報ではなく金融関係の人には新築で300万〜500万ぐらいの人も多いとか聞きました。10年更新なので次は下げてもいいと思ってます。

何がどういう場合に保険が適用になるのかは聞いてみないと自分では判断できません。ダメ元でも問い合わせはしてみましょう。

今回家財保険を使ってみて流れはとてもスムーズでした。ウェブで申請すればもっと早かったと思います。実際にちゃんと保険が使えたことで今までよりも安心感が増した気がします。